作業員

小売店の制服作り

斬新なアイデアで素敵なユニホームが作れるのがインターネットの通販サイトです。小売店でもお店によってはユニホームが存在します。着心地もよくデザインも良ければ従業員は働きやすいです。データ入稿もとても簡単で人気です。

詳しく見る

色見本

青春の思い出作りに

クラスtシャツは安価に、そしてオリジナリティを出せるアイテムです。昨今、業者がたくさんありますが、それぞれ様々なサービスを打ち出しており、用途や優先順位によってメーカーの選定を賢くできますので、ウェブサイトで情報収集すると良いでしょう。

詳しく見る

カラーTシャツ

同じTシャツで盛り上がる

クラス対抗で競技に臨むにあたり、クラスTシャツを作成することで、一致団結して普段以上の力を発揮する可能性が高くなります。インターネットの通販サイトでオリジナルのクラスTシャツ等をリーズナブルな値段で作るサイトがあります。

詳しく見る

コック

オリジナルで作れる

ユニホームは専門業者に発注すれば、誰も作ってもらえます。学校の部活動で必要になることもあれば、学校行事で使うこともあるでしょう。オリジナルデザインで作ることもできるので、イベントスタッフ用に作ることも可能です。

詳しく見る

女性

イベント用にtシャツ作り

クラスtシャツを業者に頼むと、さまざまなプリント方法や素材が使えるのでより個性的な物が作れます。さらにサイズやカラーバリエーションが豊富で、注文すれば同じ物をすぐに制作することができるのも魅力です。他にもまとまった数を発注すれば、それだけ安く作れるのもメリットといえるでしょう。

詳しく見る

著作権に気をつけよう

カラーTシャツ

勝手に使用するのは厳禁

学校のクラス単位や部活単位で、お揃いのオリジナルのプリントTシャツを作る、いわゆるクラスTシャツが流行っています。ただし、オリジナルのクラスTシャツ作りには、気をつけなければならない事があります。それは著作権侵害しないようにデザインにする、という事です。有名なキャラクターのイラストを用いるのは勿論ですが、たとえ無名のイラストレーターや写真家の作品であっても、フリー素材でもなければ基本的に著作権が発生します。こうした素材を使いたい場合には、権利者に連絡してクラスTシャツに使用したい旨を伝えましょう。許諾料を支払うのが一般的ですが、中には無料で使用を許可してくれる場合もあります。業者の方でもこうした著作権を侵害したイラストをプリントアウトすると罰則が科せられるので、制作前に問題があれば指摘してくれます。場合によっては制作が断られるケースもあるでしょう。しかし有名でないキャラクターなどの場合、審査が通ってしまう可能性もあります。特にクラスTシャツの発注者とデザイン担当が異なる場合には、事前によく話し合って著作権についての情報を共有しておくと安心です。オリジナルのデザインを作るのは難しいと感じるかもしれません。しかしプリント業者によっては専属のデザイナーがいて、イメージを伝えたり、簡単なラフ画を送ったりすると、それを元にデザインを仕上げてくれるサービスなどもあります。またパターン化されたデザインを組み合わせて、オリジナルのTシャツを作れるサービスもあります。まったくデザインが決まっていない場合でも、発注するその場でデザインを組み立てられて便利です。